The playground

More information here

Confluenceサポート

大規模なConfluenceサイトのパフォーマンスを向上させるために、静的コンテンツのキャッシュをJVMからApacheに移動することをお勧めします。 これにより、JVMが静的コンテンツを提供する多数の長時間実行スレッド […]

大規模なConfluenceサイトのパフォーマンスを向上させるために、静的コンテンツのキャッシュをJVMからApacheに移動することをお勧めします。 これにより、JVMが静的コンテンツを提供する多数の長時間実行スレッドを持つことができなくなります。Confluenceの静的コンテンツには、アプリケーションまたはインストールされたプラグインに含まれるほとんどのJavaScript、CSS、および画像ファイルが含まれます。 このコンテンツは、この設定でApacheによってキャッシュされます。 スペースロゴ、添付ファイル、埋め込み画像などのユーザーが提供するコンテンツは、静的コンテンツとはみなされず、キャッシュされません。注:このページでは、Confluence自体ではなくApacheの設定を文書化しています。 Atlassianはこの設定でConfluenceをサポートしますが、Apacheの問題のデバッグに役立つことを保証することはできません。 この資料はお客様の情報提供のみを目的として提供されており、お客様はご自身の責任で使用することに注意してください。

apache mod_disk_cacheの設定

静的ConfluenceコンテンツをキャッシュするようにApacheを設定するには:

  1. mod_disk_cacheスタンザを仮想ホスト構成に追加します。

    <IfModule mod_disk_cache.c> # "/s" is where Confluence serves "static" stuff. Instruct Apache to cache it: CacheEnable disk /s CacheIgnoreHeaders Set-Cookie CacheRoot "/var/cache/mod_proxy"</IfModule>
  2. mod_disk_cacheをロードするようにApacheを構成します。 たとえば、サーバー構成では、これは/etc/httpd/conf/httpd.conf:

    LoadModule disk_cache_module modules/mod_disk_cache.so
  3. 両方の変更が完了した後、Apacheを再起動します。

注意事項

  • mod_disk_cacheについてはApacheのドキュメントを参照してください。
  • ユーザーが古いコンテンツを提供される問題が発生した場合、Confluenceまたはプラグインのアップグレード後にApacheキャッシュディレクトリ(/var/cache/mod_proxy上記の設定)をパージする必要がある場合があります。 これは簡単な3ステップのプロセスです。
    • Apacheをシャットダウンします。
    • キャッシュディレクトリをクリアします。 たとえば、次のようにします。sudo rm -r /var/cache/mod_proxy/*
    • Apacheを再起動します。ディスク領域の過度の使用を防ぐために、htcachecleanデーモンを実行していることを確認してください。 私たちの状況では、次のように実行しました:p>
      sudo htcacheclean -d30 -n -t -p /var/cache/mod_proxy -l 512M

      キャッシュが512Mに達すると、30分ごとにコンテンツが消去されます。 オプションの詳細については、htcachecleanのApacheドキュメントを参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。