The playground

More information here

融着溶接とは何ですか?

融着溶接は、熱を利用して、二つ以上の材料を加熱して融点に結合または融合させる方法です。 この方法は、充填材料の使用を含むことができ、またはそうでないことができる。 外圧適用は溶接の間に健全な結合に重要な接触圧力が必要であ […]

融着溶接は、熱を利用して、二つ以上の材料を加熱して融点に結合または融合させる方法です。 この方法は、充填材料の使用を含むことができ、またはそうでないことができる。

外圧適用は溶接の間に健全な結合に重要な接触圧力が必要である抵抗溶接を除いて融着プロセスのために、必要ではないです。 ここに核融合溶接がであるものの多くはあります。

溶接とは何ですか?

“融着溶接とは何か”について議論する前に、溶接とその主な2つのタイプをすばやく理解することが重要です。 溶接は、充填剤成分の塗布、熱、または外圧の有無にかかわらず、合体の形成によって、2つ以上の同一または異なる材料を確実に接合することができ

溶接プロセスは、母材ヒューズの不在または存在に基づいて、融着溶接と固体溶接の2つのカテゴリに大まかに分けることができます。 親部品のフェージング表面が充填材とともに溶融して溶接ビーズを形成する場合、それは融合溶接と呼ばれます。

もう一方の端では、溶接中に溶融が起こらない場合、それは固体溶接とみなされます。 しかし、親部品は、固体溶接では極端な温度に温めることができます(ただし、沸点よりも低くなります)。

融着溶接とは何ですか?

融着溶接方法には、溶接ビーズの作成のために溶接中にフェージング親表面および充填材が液化する溶接方法が含まれる。 従って熱は頻繁にこれらのプロセスと関連しています。

外圧適用は固体接合箇所を保障する溶接中の重要な接触圧力を支える必要がある抵抗溶接のグループを除いてこれらのプロセスのために、必要 充填材に添加されても添加されなくてもよい。

異なる溶融溶接プロセスは何ですか?溶融溶接を議論するとき、異なる溶融溶接プロセスは理解するための最も重要なものです。

溶融溶接を議論するとき、異なる溶融溶接プロセ 溶融溶接プロセスは、熱源によって分類することができる。 高エネルギー、電気抵抗、ガスおよび電気アーク。

これに基づいて、以下は異なる溶融溶接プロセスです:

アーク溶接プロセス

アーク溶接は、溶融溶接の最も一般的な方法です。 アーク溶接は誇大宣伝に住んでいます;それは2つ以上の部品を接続するのに電気アークを使用します。

電気アークが華氏六千度に達すると、この溶融溶接の方法は、最も硬い金属でさえも融合することに非常に有能です。

さらに、水中アーク溶接はそれに沖合いの投機のための完全な解決をする遂行することができる。 今日使用されている最も一般的な溶融溶接プロセスは、アーチ溶接プロセスには次のものが含まれます。

シールド金属アーク溶接(SMAW)

多くの場合、スティック溶接、フラックスシールドアーク溶接、または手動アーク溶接(MMAW)と呼ばれる、SMAWは、鉄および非鉄部品のす金属不活性ガス溶接および金属活性ガス溶接の略で、MIGおよびMAG溶接は、しばしばガス金属アーク溶接(GMAW)と呼ばれます。 アーク溶接プロセス今日ますます一般的であるMIGおよびMAGは、ワークと腐敗しやすいワイヤ電極との間に電気アークが発生し、溶融および結合をもたらす溶

MIG溶接の場合、両方ともシールドガスを使用して、空気中の化学物質や酸化から溶接を固定します。

タングステン不活性ガス溶接

TIG溶接は、消耗品ではないタングステン電極を使用してベースプレートと電極との間のアークを生成するアー この不活性の保護のガスが大気の酸化か他の汚染に対して保護するのに使用されています。

この方法は細い部品で内臓的に使用することができますが、より重い部品の場合は、チューブ、ロッド、または消耗品を挿入することが含まれます。

プラズマアーク溶接

この方法は、トーチノズルと電極の間に生成された電気アークを利用する。 領域内のガス(典型的にはアルゴン)は、火花と呼ばれるものを生成し、アークによってイオン化されます。

それはアークを禁じ、工作物に導く良い穴の銅のノズルによってそれから押され、保護のガスから隔離されることを火花アークが可能にする(普通水素

サブマージアーク溶接(SAW)

一般的に利用されているアーク溶接方法であるSAWは、積極的に供給された使用可能な電極と、溶融すると透過性になり、電 プラズマは、紫外線やガスを除去しながら、染色や火災も停止します。

フラックス色アーク溶接

SMAWの代替として作成され、この方法は、フラックスと安定した電圧または一貫した電圧を持つ電源を有する定期的に供給された腐りやすい電極を利用する。 このプロセスはまた頻繁に変化だけを使用して大気からの安全を保障するのに保護のガスを使用するかもしれません。

ガス溶接プロセス

以下は、今日最も一般的に使用されるガス溶接プロセスです:

Oxy燃料溶接

多くの場合、ガス溶接およびオキシアセチレン溶接と呼ばれる、oxy燃料溶接は、フレアを形成するために燃えるアセチレンと酸素 溶媒ベースの融着溶接の一形態である酸素燃料溶接は、燃料源として酸素を使用して表面を溶融して接続するための火炎の利用を必要とする。

当然のことながら、火には酸素が必要であり、これは酸素燃料溶接が作動する基礎である。 火は酸素によって燃料を供給され、華氏四千五百度以上の熱い炎を生成します。酸素燃料溶接は、一般的に可燃性ガスと酸素の混合物を使用して、材料を一緒に接続するための熱い炎を生成します。

酸素溶接は、可燃性ガスと酸素

抵抗溶接プロセス

今日最も一般的に使用されている抵抗溶接プロセスは次のとおりです。

抵抗スポット溶接

この単純な接合法は、ワークの厚さと材料の特性に応じて、二つの電極間で熱を生成します。 溶接の電圧は小さい位置に工作物が同時に一緒に留まるので、制限される。

抵抗シーム溶接

スポット溶接のこの形態は工作物がそれらの間で回ると同時に移るディスクと従来のスポット溶接の電極を交換する

高エネルギー溶接プロセス

高エネルギー溶接プロセスの主なタイプは次のとおりです。

電子ビーム溶接(EBW)

溶接のこの方法は、電子が材料に入ると熱を生成するようにワークピースを融合させるために高速電子の波を使用して、大気 ウェルトは、ほとんどが薄く、深いです。

レーザービーム溶接(LBW)

頻繁に大容量の適用で利用されて、LBWはポリマーおよび金属を接続するのに利用することができる高精度率の集中されたエネル レーザ溶接と呼ばれることが多いが、これには発熱のための光エネルギーの使用が含まれる。

レーザー溶接リグは基本的に表面に消散した光を撃ちます。 表面はすべての爆発で少し暖かくなります。

アーティファクトが溶けるにつれて、これらは一緒に接続します。

そこにあなたはそれを持っています—異なる融合溶接プロセス。 上記の情報を使用して、どの融着溶接プロセスがあなたの適用のために最もよいか定めることができます。

さらに、上記の情報を参照することで、さまざまな溶融溶接プロセスがどのように機能するかを完全に理解することができます。

融着溶接プロセスの長所と短所

融着溶接プロセスは、長所と短所の公正なシェアが付属しています。 溶融溶接プロセスの利点と欠点は次のとおりです。

溶融溶接プロセスの利点

溶融溶接プロセスの主な利点は次のとおりです。

  • それは簡単に充填材に追加することができますので、大きなギャップを埋めることができます
  • これらの変数は、主に可能な浸透に影響を与えるように、接合部の設計とエッジの準備は、重要ではありません
  • 外圧を適用する必要はありません–したがって、主要な要素の形状は問題ではありません(適切な構造が均等に圧力を作成するために必要とされます)

融着溶接プロセスの欠点

以下は、融着溶接プロセスに関連する主な欠点です:

  • 融着溶接を介して異なる金属を結合することは、金属が溶融および熱膨張係数の有意に異なる点を持っている場合は特に、困難な仕事です
  • 方法は、劣化と、それが融着と固化を必要とするように残留応力の生成にリンクされています
  • 極端な加熱も大幅に親材料の微細構造に影響を与えます
  • はんだ付けされた部分は、多くの場合、溶接アセンブリの脆弱なコンポーネントとして見られている測定可能な熱影響部(HAZ)を含みます

概要

この記事では、 異なる溶着プロセスだけでなく、これらの溶接プロセスの主な利点と欠点を議論しました。 この情報を使用すると、アプリケーションに溶融溶接プロセスを使用することが良いアイデアかどうか、およびアプリケーションに使用する溶着プロセ

同様の投稿:

  • シーム溶接とは何ですか?
  • スポット溶接とは何ですか(そしてそれは重要ですか)?
  • MCAW(金属芯アーク溶接)とは何ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。